印鑑は婚約指輪の起源!?

エンゲージイメージ

日本人の生活には欠かすことのできない印鑑。
こういった印鑑文化は欧米諸国では見られないもので東アジア独特の文化でもあります。

それではその起源はいったいどこにあるのでしょうか。

印鑑の始まりは、メソポタミアだと言われています。
紀元前5500年頃、新石器時代から金属器時代への過渡期に、このメソポタミアからイラン高原にかけて原始的な印鑑が使われ始めたのだという話です。
古代人は神聖な記号を刻んだ石を呪術的なお守りとして用いていました。
これに穴を空け、ネックレスとして身に着けていたのです。
そして、この石を粘土に押しつけ、所有物の区別に使っていたのだそう。
もちろん粘土ですからインクなどは使われておらず表面はでこぼこです。
のちに印材として、石や金属、木材や貝殻、象牙などが採用され、印鑑として自らの証として使うようになりました。

紀元前3300年頃になると、シュメール人の間で円筒状の印鑑が発明されました。
円筒状の印鑑は連続して印影を押せるので封印には便利だったのではないかと言われています。
この円筒状の印鑑は少しずつ形を変え、いつしか樽型となり、指輪型印鑑へと変化していきました。
指輪型印鑑は、針金状のもので指に巻きつけていたのが始まり。
紀元前3世紀から2世紀にかけては、質実剛健を好む古代ローマ人の時代に鉄製の指輪型印鑑が多く使われるようになりました。

婚約の際、婚約者の左手薬指に指輪型印鑑をはめる風習が成立し、これがのちの婚約指輪(エンゲージリング)の起源となったとそうです。

エンゲージリングの歴史について Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

ページの先頭へ